サイト買収の際に注意するポイント

節税対策と新規事業の面白さ

サイト案件のウインドウショッピングとは、サイトの買収をする時に手当たり次第交渉する事を言います。しかしこの方法は判断がぶれる原因になります。それは無差別に多くの案件を見る事で、自分の希望するサイトが分からなくなるからです。良いサイトが見つかっても、躊躇している間に売れてしまう事もあります。そうならない為にサイト買収の際には、自分の目的を瞬時に判断出来る事が必要です。買収の目的はまず節税対策です。サイト買収時の会計処理の確認について必ず顧問税理士と相談しましょう。そして新規事業を考えている人のサイト買収は、将来性がある面白い事が条件です。なので持っているサイトとは異なるジャンルのサイトを買収して運用するのも良いでしょう。

投資目的とチャレンジの判断基準

投資案件としてサイト買収をする時は、専属のライターやスタッフが、サイトの中に付いているものがあるので、そんなサイトを買収したら運用の代行を依頼しましょう。外注手数料を払いますが実務は殆どありません。このイメージは不動産の所有をネット上で行っている感じです。そして最後はサイトの可能性を信じて、売上は無くてもチャレンジして買収すると言うことです。節税と新規事業や投資とチャレンジを念頭に置いて、自分の買収目的がどのタイプに属するのかを明確にする事が大切です。サイト買収の目的が例えば新規事業の為なら、他にもチャレンジと言う観点で魅力があったとしても、きっぱりと買収案件から除外する判断をしましょう。数多くの案件が日々更新されるので、買収目的を判断基準として検討する事が重要です。